介護福祉士の仕事

どうしたらなれる?介護福祉士に必要なあれこれ

現在、日本は高齢化社会にありおおよそ4人に1人が65歳を過ぎており、介護の負担が大きくなる中でニーズが高まりつつあるのが介護福祉士です。
家族への負担を減らす目的で設けられた介護のスペシャリストですが、その人手不足が深刻となっています。
こうした理由から就職率が上がりつつあるため、転職を志す人が増えているそうです。
ではこの介護福祉士、どのようにしたらなれるのでしょうか。
まず、国家資格であるため、資格試験を受ける必要があります。
方法は三つあり、一つ目は高校卒業後に専門学校に2年通い卒業する。
二つ目は福祉系高校卒業後、9ヶ月間実務を経た後試験に合格する。
三つ目は3年実務を経た後試験に合格する。
三つ目に関しては勉強や試験対策を自分で立てる必要があるため、独学が不安な場合は講座受講を検討すべきでしょう。
以上の三つが介護福祉士になる方法です。
専門学校は年齢制限はありませんが、女子のみを入学条件に掲げているところもあるため、選択肢に入れる際は確認が必要です。
費用に関しても専門学校・福祉系高校ともに数十万円かかり、その上に受験費用がのるため、費用の産出時には注意が必要です。
また、年に一回の試験なのでそれに応じた勉強方法や対策が重要になってきますのでスケジュール等は早めに立てた方が良いでしょう。

介護福祉士ってどういう仕事

介護福祉士とは介護・福祉における専門的な技術や知識を持っている人のことをいい、生活において利用者の生活をサポートし、介護を行うことができる国家資格を持った専門的な資格者のことをいいます。
この国家資格は専門学校など卒業をすることで試験を受けることができ、合格することで介護福祉士の資格を得ることができます。
業務内容は、利用者の身の回りの介助をすることが中心となり、入浴介助・食事補助・排泄業務・口腔内清掃など様々です。
利用者の介助をすることから専門的な知識が必要となる他、介助における技術も重要です。
また利用者とのコミュニケーションをしっかりとらなければ信頼関係が築けないことや、介助をすることから体力が必要となります。
最近は高齢化が進んでいることから介護福祉士の需要が高まっており、さまざまな施設・病院で活躍する場が増えてきています。
日々の利用者との関わりにより、小さな変化に気付くことができる、発見ができるといったことからやりがいや充実感を感じ、やりがいのある仕事と言われています。
専門職のため日々の努力・知識・技術が必要となりますが、専門的知識を持った立場からの助言・援助により助けられる人が沢山いるのです。


おすすめWEBサイト 5選



注文住宅のご相談を東京でお受けしてます


注文住宅を東京でお受けしてます


老人ホーム紹介のサービスを千葉でしています


老人ホーム紹介 千葉


2019/7/12 更新

『介護福祉士』 最新ツイート