業務内容

介護福祉士の業務内容

介護福祉士になるには国家試験に合格する必要があります。
介護福祉士の業務内容は高齢者や体の不自由な人など日常の生活に支障をきたしている人たちに身体介護をおこないます。
排泄・食事・入浴などの身の回りのお世話や衣服の脱着や洗濯や掃除などの家事仕事もおこないます。
食事の支度やお買い物などもおこなうので、介護を受けている方の好みを良く知っておく必要があります。
介護を受ける本人だけではなく家族の相談などをおこなうことも介護福祉士の業務のひとつです。
的確な助言をする必要があるのでさまざまな知識を身につけておく必要があります。
高齢者の介護サービスには特別養護老人ホーム・老人保健施設などで介護をおこなう施設サービスや在宅やデイサービスで介護をおこなう居宅サービス・グループホームなどで認知症の方の介護をおこなう地域密着サービスなどがあり、さまざまなところで活躍することができるのでこれからも需要がのびる業種になります。

介護福祉士の業務内容とは

医療や介護の現場で、介護福祉士の数が不足しているといわれています。
「きつい」とか「大変」だとか、そいうったイメージが先行している介護福祉士ですが、実際の業務をよく理解すると、興味を持つ人も増えてくるはずです。
では実際にどのような仕事をしているのかというと、介護の現場においては、そのほとんどが、高齢者の生活の手助けです。
朝起きて顔を洗って、着替えて、食事をして、など私たちが一般的に行っている生活において、一人では難しい部分の手伝いをすると考えてみるとわかりやすくなります。
対象となる人の体の状況によっては、抱えたりオムツを替えたりと、体力を使う仕事もありますが、それほど特殊な技術を必要とするものでもありません。
なにより大切なのは、人間を相手にする仕事ですので、人との関係をうまくとっていけるかどうかになります。
逆に言えば、人とのかかわりが好きな人にとっては、とても楽しく、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

注目サイト

最終更新日:2017/10/20

『介護福祉士 業務』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Request' not found in /home/jmaedikj/balosimplecarry.net/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 240