国家試験

介護福祉士国家試験の受験資格と詳細

高齢化社会の中で介護が必要な高齢者が増える中、介護福祉士の存在が重要とされています。
この職業は要資格職で、職務に就くには国家試験での合格が必要です。
介護福祉士の受験資格は学校教育法での高等学校の専門課程卒業又は専門学校や大学や短大等での専門課程を修了等3年以上に渡って必要な知識や技能を習得した人に与えられますが、教育機関以外では介護事業所等で3年以上の実務経験がある人も受験する事が出来ます。
介護福祉士の国家試験の詳細は一次と二次から成り立っており、一次では専門知識に関する筆記、二次では介護に関する専門技能実技となっていますが、この内の実技の方は介護技術講習会を修了した人は免除されます。
合格基準は一次と二次共に一定ラインの基準が設けられており、総得点の6割以上獲得を基準とし、問題の難易度で補正した点数以上を獲得する事が最低限の条件となっています。
更に、この条件を満たした人で試験科目10科目全てで得点を取った人が筆記の合格となり、実技も課題の総得点の6割が基準となっています。

介護福祉士の試験を受験するためには

介護福祉士の試験を受験するためには、基本的に2つの方法がありますが、その前に受験すらせずに資格を取得する方法から説明をします。
それが介護福祉士養成施設を通過した方法です。
この方法では高校を卒業した後に、福祉系大学に進学した場合に養成施設を1年以上通う、もしくは高校を卒業した後で養成施設に2年間通えば資格を取得できます。
続いては、通常取りに試験の受験資格を得る方法の説明です。
受験資格を得るためには最初に説明した通り2つの方法があり、実務経験からの方法と福祉系高校からの方法です。
まず、実務経験ある状態からの方法としては、最低3年以上の実務経験を後に受験資格を得ることができます。
もう一方の福祉系高校からの方法は、高校を卒業と同時に受験資格を得る方法となります。
なお、特例高校等では例外として9カ月以上の実務経験を必要とします。
以上が介護福祉士の試験を受験するための方法となりますが、特にどの方法が受験者の人数多いということはありませんが、実務経験を3年以上ある状態からの方が、就職や転職で有利になる傾向があります。

『介護福祉士 試験』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Request' not found in /home/jmaedikj/balosimplecarry.net/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 240